乳がん治療

乳がん治療

乳がんの病期

乳がんの治療法には外科療法(手術)、放射線療法、化学療法(ホルモン療法・抗がん剤療法・分子標的治療)があります。

1.外科療法(手術)

乳がん治療の基本は、手術によってがんを切除することです。
乳がんの切除とわきの下のリンパ節を含むわきの下の脂肪組織も一緒に切除します。

術後の合併症として、腋窩リンパ節郭清を行った場合はリンパ液の流れが悪くなるため、リンパ浮腫を起こしたり、腕や肩が動かしにくくなることがあります。

乳房部分切除術(乳房温存手術)

病巣部から1~2cm離れたところで乳房を部分的に切除します。病巣部を円状に切除する乳房円状切除術、病巣部を扇状に切除する乳房扇状切除術、病巣部のみを切除する腫瘤摘出術があります。

①乳房円状切除術

しこりとその周辺をがんの広がりに応じて部分的に切除し、センチネルリンパ節生検、または必要に応じて腋窩リンパ節郭清を行います。術後は放射線治療を行ないます。切除範囲が小さいため、腕や肩の運動障害は比較的軽度ですが、腋窩リンパ節を郭清した場合には、腕のむくみを生じることがあります。

②乳房扇状切除術

しこりとその周囲の正常乳腺組織、乳頭を中心にして扇型に切除し、センチネルリンパ節生検、または必要に応じて腋窩リンパ節郭清を行います。術後は放射線治療を行ないます。
切除範囲が大きいため、しこりが大きい場合でも取り残しの可能性は低くなりますが、術後の検査で残った乳房にがんの取り残しの可能性がある場合は、再度手術を行なうことがあります。

③腫瘤摘出術

ごく小さなしこりを切除するときに行なう手術で、乳房のしこりのみを切除します。しかしがんと診断されている場合は、がんを取り残す可能性があるため、あまり行なわれません。

乳房切除術(乳房全摘術)

乳房全部を切除する手術です。
乳がんが広範囲に広がっている場合や複数のしこりが離れた場所に存在する多発性の場合に行なわれます。

2.放射線療法

乳がんの放射線療法は、手術でがんを切除した後に乳房やリンパ節の再発のリスクを低くするために行われることが多いです。
骨の痛みや脳など、転移した病巣の症状を緩和するために行われる場合もあります。
副作用としては、日焼けのような状態になり皮膚に炎症を起こし、かさかさしたり、熱がこもるような感じになります。

3.化学療法

乳がんによる化学療法は、ホルモン療法(内分泌療法)、抗がん剤療法、分子標的薬を使って治療を行ないます。
手術前後に行なう場合、手術が困難な進行がんや再発の場合に行なわれ、どのような薬物をどのような組み合わせで治療を行うかは、がんの広がりや性質、病理検査の結果などによって決まります。

ホルモン療法(内分泌療法)

女性ホルモンががんの増殖に影響を与える可能性が高いタイプの乳がんにはホルモン療法が有効と考えられており、ホルモン感受性乳がんと呼びます。
5~10年を目安に継続して行なうのが一般的です。

<ホルモン剤・ホルモン注射の種類>

  • アリミデックス(アナストロゾール)
    (主な副作用)ほてり、関節痛、発疹
  • フェマーラ(レトロゾール)
    (主な副作用)ほてり、関節痛、頭痛、吐き気、発疹、かゆみ、めまい
  • アロマシン(エキセメスタン)
    (主な副作用)ほてり、多汗、吐き気、発疹、高血圧、疲れ、めまい
  • タモキシフェン(ノルバデックス)
    (主な副作用)月経異常、吐き気、嘔吐、食欲不振、ほてり
  • トレミフェン(フェアストン)
    (主な副作用)倦怠感、発熱、吐き気、食欲不振
  • メドロキシプロゲステロン(プロベラ・ヒスロン)
    (主な副作用)吐き気、嘔吐、乳房の張りや痛み、頭痛、血栓症
  • リュープリン(リュープロレリン)
    (主な副作用)ほてり、熱感、のぼせ、肩こり、頭痛、めまい、発汗、関節痛
  • フルベストラント(フェソロデックス)
    (主な副作用)注射部位の痛み・硬結(こうけつ)・かゆみ、ほてり
  • ゾラデックス(ゴセレリン)
    (主な副作用)のぼせ、ほてり、肝機能異常

抗がん剤療法

手術を行なうことが難しい場合や、しこりを縮小させてから手術を行なう場合に抗がん剤療法を行ないます。手術前に行なう抗がん剤は術前化学療法と言います。また早期の乳がんでは再発・転移を防ぐ目的として手術後に抗がん剤を行ないます。これを術後化学療法と言います。

<主な抗がん剤>

  • FEC療法
    フルオロウラシル(5-FU)
    エピルビシン(ファルモルビシン)
    シクロホスファミド(エンドキサン)
    (主な副作用)吐き気、嘔吐、脱毛、口内炎、好中球減少、心機能障害
  • AC療法
    ドキソルビシン(アドリアシン)
    シクロホスファミド(エンドキサン)
    (主な副作用)吐き気、嘔吐、脱毛、下痢、口内炎、白血球減少
  • EC療法
    エピルビシン(ファルモルビシン)
    シクロホスファミド(エンドキサン)
    (主な副作用)吐き気、嘔吐、脱毛、血管痛、心機能障害
  • CAF療法
    フルオロウラシル(5-FU)
    ドキソルビシン(アドリアシン)
    シクロホスファミド(エンドキサン)
    (主な副作用)吐き気、嘔吐、脱毛、口内炎、好中球・白血球の減少
  • ドセタキセル(タキソテール)
    (主な副作用)骨髄抑制、脱毛、吐き気、浮腫
  • パクリタキセル(タキソール)
    (主な副作用)骨髄抑制、手足のしびれ、関節痛、脱毛

 

分子標的治療

がん細胞のもつ特有な物質のみを狙い撃ちする治療です。
乳がんの細胞の中にはHER2タンパクをたくさん持っているものがあり、がん細胞の増殖に関係していると考えられています。HER2陽性の場合にのみ適用される分子標的薬があります。

  • (HER2陽性の場合)
    トラスツズマブ(ハーセプチン)
    (主な副作用)寒気、発熱、吐き気、頭痛、倦怠感
    ラパチニブ(タイケルブ)
    (主な副作用)下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、口内炎、倦怠感、発疹、皮膚の乾燥
    ペルツズマブ(パージェタ)
    (主な副作用)寒気、発熱、下痢、発疹
    T-DM1(カドサイラ)
    (主な副作用)鼻血・歯茎からの出血、アレルギー反応、手足のしびれ、息切れ、動悸
  • (その他の分子標的薬)
    ベバシズマブ(アバスチン)
    (主な副作用)高血圧、鼻血・歯茎からの出血、たん白尿、白血球・好中球の減少
    エベロリムス(アフィニトール)
    (主な副作用)口内炎、発疹、貧血、疲労、下痢、食欲不振、吐き気、間質性肺炎