乳がん治療

無料電話相談

乳がん治療の電話相談窓口

当法人は乳がんの改善に向けて、「新フコイダン療法」を推奨する医師と連携を図りながら、サポートを行なっています。
相談員がお電話で患者様のご病状や全身状態をお伺いし、現状を踏まえた上で、現在の状況に合った乳がん治療における新フコイダン療法の取り入れ方をご説明いたします。
また、ドクターによる電話相談や、来院でのご相談申込につきましても、お電話で承っております。

※まずは【乳がん克服者が語る「克服の秘訣」とは!】をお読みいただきますよう、お願いいたします。

乳がん克服資料請求はこちら

 

医師電話相談(事前予約制)

医師による電話相談を行なっています。
事前予約が必要となりますので、ご希望がございましたら、まずは資料をお読みいただき、下記までお電話下さい。
ご予約は、【フリーダイヤル】0120-050-262までご連絡ください。


「あきらめないでください!まだ、治療法はあります!
ひとりで悩まず、ぜひご相談ください。」
乳がん相談

現在の乳がん治療に不安や迷いがある方はご相談ください。

乳がんの病状や現在行なっている治療内容、お体の状態をお伺いし、患者様に合った乳がん治療における「新フコイダン療法」の取り入れ方や進め方を医師としての視点でアドバイスさせていただきます。

患者様ご本人ではなく、ご家族の方からの相談でも可能です。

医師電話相談を始めて

医師電話相談を始めるようになり、多くの乳がん患者様やご家族の方と接する機会が増えました。
私が乳がんの患者様やご家族の方に必ずお伝えすることは、希望をもって前向きになってほしい、治療に取り組む意欲を出してほしいということです。

乳がん治療のなかには、辛くて苦痛を伴う治療もあります。精神的にも滅入ってしまうこともあると思いますが、塞ぎこまないでください。
精神的に塞ぎこんでしまうと、免疫力が低下したり、血流が悪くなるなど、体調が変化してしまいます。免疫力の低下や、血流が悪くなり体温が下がることは、がん細胞にとっては好条件になってしまいます。
逆に何か目標を持ち前向きになることは活力になり、血行もよくなります。
だからこそ、無理なく一歩ずつ目標に向かって、治療に取り組んで貰いたいと思っています。

乳がんの中には進行の速いタイプや治療効果の出にくいタイプもあり、現在の標準治療だけでは、乳がんの克服は厳しいというのが現状です。
標準治療に「新フコイダン療法」を合わせた統合医療が、乳がん治療には最善の組み合わせだと確信しています。

これからも医師電話相談を通じて、乳がん治療で悩んでいる方に少しでも役に立つアドバイスができればと思っております。

医師電話相談をされた方「乳がん40歳代」の感想

乳がんで肝臓に転移があり治療をしていましたが、がんの勢いが抑えれず、進行を止めることができていませんでした。何としてでも進行を止めたいと思い調べていたところ、新フコイダン療法に出会い、医師との電話相談を行ないながら取り入れることができると知り、新フコイダン療法を取り入れることを決めました。

新フコイダン療法開始1ヶ月後に初めて電話相談を受け、検査結果や現在の治療を踏まえて私の身体に合った新フコイダン療法の取り入れ方について、アドバイスしていただきました。
不安な気持ちや体が辛いことを話すと、「新フコイダン療法は抗がん作用だけでなく、乳がん治療に負けない体を作る働きもあるので、体の状態も整えながら、がんばっていきましょう。」と話してくれました。

辛い治療に耐えても効果がなく、不安で仕方がない毎日を過ごしていましたが、先生とお話をして「1歩ずつで良いからがんばろう」と思うことができるようになりました。
アドバイスしていただいた食事・入浴・運動はがんばって毎日続けています。

初めての電話相談でとても緊張していましたが、先生がとても優しくひとつずつ丁寧に話してくださったので、とても解りやすかったです。

やはり、電話相談を受けながら続けられるということは、私にはピッタリだったと思います。
病院の治療を続けていると、前向きにがんばらないとと思っていても不安になることがあります。
体調が優れない時もあります。
そんな時に今の状況に合わせた新フコイダン療法の取り入れ方を聞き、不安を和らげてもらえることは、とても心強いです。

次の検査結果が出たら、また相談したいと思っています。

乳癌治療のお問合せ

乳癌フコイダン療法の流れ

〈ご注意事項〉

  • 相談料は無料です。通話料はご相談者さまの負担となります。
  • お電話でのドクターのアドバイスは、あくまでも触診・問診・視診・聴診等の医療行為無しに行なわれる助言行為であり、診療行為またはこれに順ずるものではありませんので、自己責任の上、一つの参考にしてください。

※当法人では、電話相談を円滑に進める為に、事前に必ず資料のご一読をお願いしております。

乳癌克服の資料請求

上羽院長のご紹介

がん統合医療に関する幅広い知識・経験を持ちながら、乳がん治療や生活面についても非常に分かりやすくご説明いただける、患者さま思いの人気のドクターです。

膵臓がん医師相談専攻
消化器

専門医・認定医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医

所属学会
日本消化器内視鏡学会
日本予防医学学会
日本消化器病学会

略歴

1984年3月 金沢医科大学 医学部 卒業
1984年4月 京都府立医科大学 薬理学教室研究生
1985年4月 金沢医科大学 内科研修医
1987年4月 京都府立医科大学 薬理学教室研究生
1991年4月 京都府立医科大学 第三内科教室勤務
1992年4月 済生会京都府病院 内科医長
1995年4月 上羽医院 開業