乳がん治療

乳がんの症状

乳がんの症状

乳がんが進むと腫瘍が大きくなり、触るとしこりがわかるようになります。乳がんが乳房の皮膚の近くに達すると、えくぼのようなくぼみ、乳頭や乳輪部分に湿疹が出来たり、皮膚がオレンジの皮のように赤くなることや乳頭の先から血の混じった分泌液が出ることもあります。

病状が進むと、乳房近くのリンパ節がはれ、腕がむくんだりしびれが出てくることもあります。

しこりや痛み、むくみや腫れといった症状があるからといって、すべてが乳がんというわけではありません。乳腺症、線維腺腫、葉状腫瘍などでもしこりの症状が現れることもあります。痛みやむくみ、腫れは、乳腺炎や蜂窩織炎(ほうかしきえん)などでも起こることがあるので、乳がんであるかどうかは詳しい検査をして調べる必要があります。